本文へスキップ

地域のリサイクルパートナー。

TEL. 042-395-9788

〒189-0003 東京都東村山市久米川町1-16-18

古布

 古布(ボロ)の円滑なリサイクルにご協力ください!

 2015年夏ごろより古布の相場が暴落しており、一部では荷受け拒否といった事態も出てきております。主な原因は、古布の最大の需要国であるインドネシアが古着の輸入禁止を強化したことで、日本の古布の輸出先であるマレーシアが購入を制限しているためです。
 その前提には、2015年初頭まで古布の価格が好調に推移していったことを背景に、新規参入する業者が増え、これまでのリサイクルのルールを無視した形で濡れていてもOK、布団もOKといった無理なリサイクルを推し進め、これまで回収していなかった自治体でも回収するなど回収量が増える一方、品質を低下させてしまったことが海外での日本の古布に対する評価を落とす結果につながったのではないかと考えられます。長年かかって築き上げてきたリサイクルシステムを法外な入札価格で散々かき回し、ダメになったらさっと手を引いてしまうような業者は許せません。
 東多摩再資協では、無理なく、持続可能な古布のリサイクルを推進していくために、市民の皆様、行政の皆様と一体になって取り組んでまいりたいと考えております。そのために、下記のことを皆様にご協力頂きたくお願い申し上げます。

@雨の日には古布を出さないようにしましょう

 古布は、濡れるとカビが生えるなどしてリサイクルできなくなります。このため、雨の日に回収した古布は、自治体のごみ処理場で焼却処分しております。

 せっかく資源に出していただいた古布を活かすことができません。雨の日には絶対出さないでください。
 

A汚れているもの、油のしみたもの、ワタ類は混ぜないように分別しましょう

 古布の禁忌品は、汚れているもの、油のしみたもの、ワタ類(布団、まくらなど)などがあります。自治体によって分別方法は若干異なりますので、各自治体の分別方法に従って出すようにしてください。
 
各自治体の分別方法は、ごみ収取カレンダーなど各自治体の配布物、ホームページでご覧いただけるほか、最近ではスマートフォンのアプリで、ごみ・資源の収集日や分別方法を確認できるものもありますので、活用してみてください。
 

バナースペース



東多摩再資源化事業協同組合

〒189-0003
東京都東村山市久米川町1-16-18

TEL 042-395-9788
FAX 042-395-9787