本文へスキップ

地域のリサイクルパートナー。

TEL. 042-395-9788

〒189-0003 東京都東村山市久米川町1-16-18

ヴィーナス通信


●No9

資源循環型社会
の行方

1998/8/6
直言拝聴 いろいろと『R』アルよりリサイクル
田無市廃棄物等減量推進審議会・会長
田無市選挙管理委員会 津村 恒夫 様
  • 当組合理事長紺野武郎 第十五代東資協理事長に就任
  • 保谷市フリーマーケットに参加して
  • 雑古紙100%トイレットペーパー『ブーメラン』発売開始 他

●No8

小さな行動でで
大きな変化を点

1998/5/15
直言拝聴 国・市町村・企業・消費者
それぞれの責任と義務分担の確立を

古紙ネット事務局長
埼玉エコ・リサイクル事務会理事 園田 真見子 様
牛乳パックの話 初めに三者のルール有り
  且R田洋治商店 リサイクル事業課 山本 信之 様 
  • 古紙昨年より4600トン増加 他

●No7

小さな行動でで
大きな変化を

1998/1/10
直言拝聴 創造的リサイクル事業への転換
リサイクル経済研究所
金欄短期大学教授 吉村 哲彦 様
  • さらに急降下古紙価格の最安値 9ヵ月で昨年を越える回収量
  • 純パルプトイレットペーパーの生産急増中!
  • 古本屋とリサイクル 他

●No6

23区の行政回収
の問題点

1997/10/31
直言拝聴 ドイツのリサイクルと住民参加

松下青経塾 16期生 栗田 拓 様
缶の話し アルミ・スチール缶はリサイクルの優等生
  長沼商事且ミ長 長沼 正夫 様 
  • 各市のリサイクルフェアに参加 古紙の分別教室を開催
  • 小平市ペットボトル全市で資源回収 他

●No5

古紙余剰問題
研究会が発足

1997/7/29
直言拝聴 ごみ問題はごみのような問題か
東久留米市廃棄物減量等推進審議会会長
柳泉園組合廃棄物処理に関する懇談会会長
東京大学助教授 佐藤八十八様
生きビンの話 回収からリユースまで厳しい現状
  去R際商店 社長 山際 柳馬 様 
  • 集団回収7月より関係各市が回収業者にも支援策
  • 古紙価格暴落・行政回収に古紙集中の現象 他

●No4


リサイクルコストの
負担者は

1997/4/15
直言拝聴 リサイクル可能な経済システムの構築を
小平市廃棄物減量等推進審議会委員
工学院大学専任講師 後藤 弘太郎 様
ボロの話し
  去R際商店 社長 山際 勝司 様 
  • 日資連古紙暴落決起大会開く
  • 集団回収の雑誌有料化に御理解を 他

●No3


容器包装新法
元年を迎えて

1997/1/15
直言拝聴 『ゴミから日本の社会を考える』
東村山市秋水園再生計画推進市民協議会
会長 渋谷 謙三 様
  • 集団回収引取り無料化の是非
  • アルミ工場見学レポート
  • ビン・カン選別 何が出る? 他


●No2


このままではリサイクル
事業が行きづまる

1996/10/27
直言拝聴 『限りなくごみゼロに』
これからの清掃行政の取り組み
保谷市生活環境部参事
ごみ対策担当 奥山 好行 様
  • 集団回収の業者助成金要請!
  • 多摩地域リサイクル事業団体連合会設立
  • アルミ精錬工場を見学 他

●創刊号


東多摩再資源化事業
協同組合の生い立ち

1996/10/27
  • 組合組織の説明
  • 昨年を上回る資源化量
  • 小平市リサイクルフェスティバル開催
  • ペットボトル再生工場見学 他

ご覧いただくためにはAdobe Reader(無償)が必要です。
インストールしていない方は、こちらからダウンロードしてください。

バナースペース



東多摩再資源化事業協同組合

〒189-0003
東京都東村山市久米川町1-16-18

TEL 042-395-9788
FAX 042-395-9787